自然栽培米つくり-筋田家親子2世代のこだわり

筋田晃司 もち米

福岡県遠賀市で筋田家当主の靖之さんがたった一人で自然栽培米つくりを始めたのが15年以上前。
今は御子息の晃司さんがその「想い」ごと引き継いで自然栽培米を育てています。

「持続的な農業をつなぎたい」
この想いを受け継いで、未来の子どもたちへ「本物」のお米を届けることを使命として
自然栽培の道を歩んでおられます。

筋田家親子2世代で育まれた「筋田自然栽培米」のご紹介です!

受け継がれたこだわり

まずは動画をご覧ください!

父上が自然栽培を始められてから17年が経過している中で
筋田家がこだわっているのが「自立した稲」

自分自身で元気に育つ!
人も稲も共通項が多いとはいつもながらに感じるところでございますが
ここでもモットーとして登場してきましたね(笑)

仰る通り、その見た目も素晴らしく
「ホントに無肥料なの⁉」と疑うくらいの田園風景が広がります^^

稲も自立したならば、本来の潜在的な力を自ら引き出して
元々持っているだけの力で、つけられるだけのお米を実らせてくれます!

【自立した稲】

晃司さんは、当初農業を継ぐ気は持ち合わせていませんでした。
しかし、父親から農業の誘いを受けた時に
自分自身が小さい時から食べていた自然栽培農産物の良さを、その体験から知っていたので
安心安全の自然栽培米つくりへの道を決意されました。

かわいい子には旅をさせよ、ではないですが
多少の厳しさを持って稲に接すると、それは逞しく育ちます。
子育ても稲育ても「自立」が筋田家のキーワードです。

「本来持っている力を引き出す」
これが晃司さんの役目だと言いますが、それは優れたコーチや師匠、親御さんに共通で
潜在的な能力を開花させる、ということなのでしょう。

まとめ-病害虫にも強い!

そしてそれは、「病害虫にも強く育つ!」とのこと。
実際に2020年は方々で「ウンカ被害」が報告されている中で
筋田家の田んぼではほとんどなかった、と言います。

稲の色づきに関しても、例年通りといったところで
筋田家ではいつも通りの収穫が行われた雰囲気でございました^^

厳しい環境のなかでも逞しく育っていく「自立した稲」
でもそれは、元来秘めている力なわけで活かすも殺すも自分次第

私たち人間も新型コロナウイルスに屈することなく、
心も身体もより強く逞しく生きていく必要があるなと感じましたし、

気付くも気付かないふりをするも、引き出すことが出来るかどうかも
それは他人ではなく、自分の心なんだと考えさせてくれた「筋田自然栽培米」でした!