菅原陽介の自然栽培米(八神米)作りのきっかけ

自然栽培米農家菅原陽介

こんにちは!自然栽培米専門店ナチュラルスタイルの井田敦之です。

熊本県和水町で無農薬・無肥料の自然栽培米を作られている菅原陽介さんとは、もうすでに数年の付き合いがあります。

お話ししていて菅原さんは、かなりしっかりした自然栽培の軸をお持ちなのですがその背景を知りたいと思い、今回改めて「自然栽培米を作り始めたきっかけ」をインタビューをしました。

自然栽培に取り組んでいる農家さんは、非常に少なく1000人に1人くらいの割合です。

つまり、よほどの動機がない限り、自然栽培には取り組みません。

菅原さんがなぜ自然栽培米作りに挑戦しようと思ったのか動画も含めてご覧頂ければと思います。

菅原さんが抱いた疑問が自然栽培への始まり

菅原自然栽培米の田んぼ環境

熊本県和水町は、自然豊かな地域です。幼少より自然に囲まれて育った菅原さんは感受性が豊かで生き物をよく観察しています。

菅原さんが自然栽培に興味を持ったきっかけは、自然を観察する中で抱いた1つの疑問からでした。

井田「自然栽培米作りのきっかけは何だったのですか?」

菅原「自然栽培のきっかけは、自分自身が喘息やアレルギーを持っていたのもありますが、一番は、自然を見た時に鳥や虫が食べる物は農薬や肥料を使わなくてもできるのに、なぜ人間の食べ物は農薬や肥料を使わなければ作れないのか?という疑問からです。」

菅原さんは、”本来、人間の食べ物も無農薬・無肥料でできるんじゃないか!”と思ったと言います。

一般的には、農薬・肥料を使用する慣行栽培が常識です。しかし自然をよく観察する菅原さんは、この常識に疑問を持ち続けていたのですね。

その後、菅原さんは、自然栽培の道を探求しようと大学の研究室で自然栽培のお米作りを研究します。

「食」を変えて自身に起こった体調の変化

菅原自然栽培米のご飯

大学で自然栽培を研究する中、「食」は体調を変化させると自分自身の体で実感したと言います。

菅原さんは元々がひどい喘息や鼻炎持ちでした。

菅原「自分は喘息がひどくて、過呼吸になることもありました。農薬や肥料にも敏感で、タバコの煙、香水でも反応することがありました。でも自然栽培の農産物を食べるようになってから起こってもかなり軽度で済むようになりました。」

自然栽培の農産物を食べる事で自分自身の体調の変化も感じたために菅原さんは、自分は自然栽培米を作ると覚悟が決まっているのですね。

自然栽培米作りのきっかけとは!?

まとめ

菅原さんと自然栽培米

インタビューして分かったのは、菅原さんは生き物を育てる事が大好きなんですね^^

お話の中で生き物の世話や命を大切にすることもよくお話されていました。自分のお子さん(生まれたばかりです)にも今後「生き物の命を大切にすること」を伝えていくと。

今回は、改めて菅原さんに自然栽培米作りのきっかけのお話を伺いました。

菅原さんは自然栽培米作りの軸がしっかりしているのですが、その理由は、ご自身のアレルギー体質を改善してきた農産物を多くの人にも体感してもらいたいという氣持ちがあるのですね。

自然豊かな山から湧く清らかな水で育った菅原自然栽培米を体感して頂ければと思います。

⇒ 菅原自然栽培米ヒノヒカリ・くまさんの力はこちら

関連記事