無肥料だからこそ、土壌作りはすごく大切である理由

井手上自然栽培米収穫時の稲

今の農業で使用される化学肥料や農薬、畜産糞尿雑肥などが地下水を汚染し環境破壊の大きな要因となっています。
加えてアレルギーや原因が特定できない疾病が増え農薬のみならず肥料さえも使わない「自然栽培」が脚光を浴びるようになりました。

自然栽培には肥沃な土壌が必要

人は口にするものでその身体が作られます。私達の身体は、その食べたものでできているのです。
何をチョイスして口に運ぶかは、自分自身の人生にも大きな影響を与えます。
その命の源である食をつくる農業という役割はとても大切なものです。

そしてその作物が育つには肥沃な土壌が必要です。
これは自然栽培をする農家さんにとって非常に大事なポイントです。

肥沃な土壌とは、土地がよく肥えていて作物が良く育つこと。

 

土は生きている、土壌の生物量

菌

この肥沃な土壌を作るのに「腐植前駆物質」の水溶液が用いられることがあります。
有害物質を含まない有機質を原料として微生物により産生されたものになります。
これは飲料基準にも合致するほど安全性の高いもので自然栽培を行う前段階で必要に応じて用い
窒素分が少ない抗酸化力の高い土壌改良を目的とします。土壌改良後は使用の必要性は無くなります。

ただ、今やはり大切なことと認識させられるのは「土壌の生物量」だということ。
これこそが肥沃な土壌の絶対条件ではないか?ということ。

生きている土、生物としての土が最も大切なのではないか、ということです。

 

自然栽培の中の小さな生物=自然エネルギー

テントウムシやクモなどの小さな生物が生息できるということは、田んぼや作物に農薬が含まれていないことの証明です。
これら小さな生物も自然エネルギーが循環するために必要不可欠な生命達であり
自然栽培の中に生息しているということは必然的なことなのです。

周りの環境と調和して、土本来の力を引き出し、純粋で逞しさを兼ね備えた食べ物を食べましょう。
例え有機肥料であっても、その中に家畜糞を多用した場合、窒素が多くなります。

その肥料の効果は長いので体内にも蓄積される可能性があります。
多量に摂取した場合、人間体内のアミノ酸と結びついて発がん性物質「ニトロソアシン」が生成される懸念もあります。
それは急激な変化を伴う症状ではないので、食が原因だとはなかなか気づかないものでもあったりします。

自然と調和し、バランスを保ち生命力溢れる食べ物、そして環境と共に生きる。
私達自身も、身体と心のバランスを保ち、力強く健康に暮らしていきたいものですね。

自然栽培食物を通して、そのお手伝いをすることができればとても幸いでございます。