アスリート御用達!実は太らない、置き換えダイエットにも「お餅」

冨田自然栽培緑玄米もち

※新型コロナウイルスの感染被害が各地で拡大しております。
亡くなられた方、被患されている方、不安で辛い日々を過ごされている
すべての皆様にお見舞い申し上げます。
皆様におかれましては、大変お気を付けてお過ごしください。

 

「お餅」というとお正月にしか食べない、という方も多いのではないでしょうか!?
お餅=お正月、というイメージのせいもあるでしょうが

・お餅=太る
・お餅=消化に悪い

といったようなイメージだったりするとが多く見受けられます。

ところが、最近は栄養面やダイエットの観点からも見直され
日常でお餅を食べる人も増えてきています。

アスリートのエネルギー補給「糖質」

マラソン

お餅には「糖質」が豊富に含まれています。
マラソンやトライアスロンといった持久力勝負の競技では、
「糖質」の摂り方こそ勝敗を左右すると言っても過言ではありません。

逆に短距離走やウエイトリフティングといった瞬発力・筋力勝負の競技でも
糖質の摂り方は大切です。
試合は一瞬でも練習は長時間になりますからね。
運動における主なエネルギー源は「糖質」とも言われます。

ちなみに、シドニーオリンピック女子マラソン
金メダリスト・高橋尚子さんが当日の朝食として摂ったのが、
お餅を2つとお味噌汁、少しのご飯だということです。

太らないお餅で置き換えダイエット

冨田自然栽培緑玄米もちお雑煮

「お餅は太る~(~_~;)」なんて思っている人、誤解しないでください!

ごはん茶碗1杯 (150g) 約250kcalに対して
市販の切り餅1個(50g) 約115kcalです。

お餅はつくる段階で既に蒸してあり、加熱もしてあります。
それを、お家でさらに焼いたり蒸したりするので、実はとっても消化が良いのです!

じゃあ、なぜ「太る?」と思われるのでしょう?

お餅はお正月に食べる機会が多いでしょうし、
ついつい3個、4個、5個(笑)と食べてしまいがちですよね^^;

しかも、お砂糖たっぷりのきなこと一緒に、
これまた、たっぷりのあんこと一緒に。

なんでも食べ過ぎてしまう、というのはご注意くださいませ。

食欲が湧かない、お腹を下している時にも

大根おろし

お餅の原料のもち米は、その成分のほとんどをアミロペクチンという「デンプン質」が占めています。
デンプン質は他の栄養素と比べて、消化されるまでの時間が早いので、お餅は消化の良い食べ物と言えます。

下痢や風邪、お腹を下した時は、おかゆや雑炊といった汁気のあるお米を食べます。
それは、そのような症状の時はなるべく胃に負担をかけない為です。

お餅はそれに加えて、咀嚼(そしゃく)回数が増えるので唾液の分泌も増えます。
雑煮にして食べれば汁気もあるので消化吸収が良いのです。
その時々の体調によって、摂りやすい方を取りましょう。

じゃあ、何故お餅は消化に悪いと思われたりしたのでしょうか?

その答えとしては、お餅は栄養価が高く、腹持ちが凄くいいからなんです。
なぜ腹持ちが良いかと言えば、血糖値が上昇して満腹感を得やすいからなのです。
時間が経過しても満腹感が持続するので消化が悪い、といった印象になってしまいます。

ただ、冷めた状態では本当に消化不良の原因となりますので、温かいうちにいただきましょう。

さらに消化吸収を高めるには、「大根おろし」を一緒に食べましょう。
大根おろしは、デンプンを分解する「アミラーゼ」が含まれているので消化を助けてくれますよ^^

お正月だけではもったいない、普段でもお餅を食べてエネルギーに変えてみてください^^