野田自然栽培米あきまさり | 熊本県玉名市で育った無農薬・無肥料のお米

野田自然栽培米あきまさり

野田自然栽培米あきまさり

熊本県玉名市で無農薬・無肥料の自然栽培米を作られている野田秀明さん。

野田さんは、25年以上前にご自身が農薬被害を受けたことに加え農薬散布後に生物が死んでいくのを目の当たりにしたことで、農薬を使うことに疑問を持ち無農薬栽培に切り替えました。

現在では、より純粋なお米を目指すため、肥料もまったく使用しない無農薬・無肥料栽培の自然栽培米作りへ取り組んでいます。

自然栽培に変えてから、田んぼにカブトエビやクモ、カエル等が増えて、ウンカにもやられないほどの強い稲が育つようになりました。

またお客様からは「お米の味が美味しくなった」との評価がどんどん届いており、野田さん曰く「自然栽培にしたことで本当に求めていた味わい深い美味しいお米に辿り着いた」と言われています。

無農薬・無肥料の自然栽培と品質にこだわり抜いた野田秀明の自然栽培米をぜひご堪能ください。

野田自然栽培米はこちら

日本遺産の菊池川流域で育った自然栽培米

菊池川
※写真提供:菊池川日本遺産協議会

日本遺産菊池川流域沿いで育ったお米

野田さんは、「2千年にわたる米作り」で日本遺産に認定された菊池川流域で自然栽培米作りをしています。

菊池川の源流である『菊池水源』は日本名水100選の水源の一つとなっています。

この菊池川は阿蘇山の麓より発した、綺麗な水は、この玉名を通り、水田に利用されています。

日本遺産に認定された菊池川流域で無農薬・無肥料にこだわり続ける野田自然栽培米あきまさりです。

無農薬・無肥料栽培に野田さんがこだわる理由

野田秀明

人の体にも田んぼの生物にも優しいお米作り

野田さんは、農業を始めた当初は農薬を使用する慣行栽培でお米作りを行っていました。

しかし、25年ほど前、野田さんは農薬散布後にめまいがして、意識を失う寸前までなり、ひどく気分が悪くなったと言います。この時、野田さんは、自分自身が農薬被害を受けていたのです。

また、農薬散布後の田んぼを見ると田んぼに生息していた生物達が死んでいくのを目の当たりにもしていました。

野田さんは、自分の体にも田んぼの生物にも被害を与える農薬に疑問を持ち慣行栽培から無農薬栽培に切り替えました。

野田自然栽培米の田植え

野田さんは、食べる人の体にも田んぼの生物にも優しいお米作りをするために苗作りから田植え、除草と全ての作業にて無農薬・無肥料を徹底しています。

野田さんは人前で話すのが得意ではありませんが、今回は自然栽培を始めたきっかけをお話頂きました。
絶対に農薬を使用しないという想いがお話から伝わってくるかと思います。

農薬被害の経験から無農薬栽培へ
自然栽培米作りのきっかけとは?

(2020年撮影)
野田さんは恥ずかしがり屋で人前で話すのが得意ではありませんが、自然栽培を始めたきっかけをお話頂きました。
自然栽培米農家さんの中でも以前、農薬被害を受けたという方は数名おられます。
野田さんの農薬を絶対に使用しないという強い動機を感じて頂けると思います。

野田さんが自信をもって厳選した品種『あきまさり』

野田自然栽培米

25年以上求めてきた美味しいお米

野田さんが25年間お米作りに専念してきてたどり着いた品種が『あきまさり』です。

『あきまさり』は、ヒノヒカリと同等の食味がありながら、甘味は控えめで優しい味わいのお米となっています。

野田さん曰く、自然栽培にしたことで「求めていた美味しいお米」に辿り着いたと言われています。

他ではあまり味わうことができない野田さん自らお勧めしている自然栽培米『あきまさり』をぜひ一度ご賞味ください。

お米 土鍋

令和3年度 野田自然栽培米『あきまさり』のご購入

野田自然栽培米あきまさり

野田自然栽培米あきまさり

日本遺産に認定された菊池川流域沿いの熊本県玉名市で無農薬・無肥料で育てられた野田秀明さんの野田自然栽培米あきまさり。

野田さんご自身が農薬被害を受けたことをきっかけに無農薬・無肥料の自然栽培米作りに邁進しています。

『あきまさり』は、粘り・甘味は控えめで優しい味わいのお米となっています。
自然栽培にしたことで求めていた美味しいお米に辿り着いたと言われています。

※米袋のデザインは異なることがございます。
※7分搗き、白米の場合、精米代は頂きませんが、重量が1割程目減りいたします。

玄米7分/白米
5キロ 4,900円
10キロ 9,750円
20キロ 19,450円
30キロ 26,950円

売切れ

関連記事

自然栽培米 年間契約をご希望の方へ

年間契約にお申込み頂くと一年間のご必要量を確保いたします。お米の保存に最適な環境で保管しますので一年中新鮮なお米をお楽しみ頂けます。