完全無農薬・無肥料の自然栽培米を厳選 4月からの新年度も

自然の力を最大限に活かして育てあげられた自然栽培の農作物には、
人間の身体と心を自然と豊かにしてくれる力をも併せ持っています。

熊本県の自然栽培米に特化し、こだわり抜いている自然栽培米を厳選し
そして素晴らしい「想い」とともに日々挑戦する米農家さん達のお米です!

自然栽培米は、「農家さんの想い」が形として表現されているモノです。
そして、その目に見えていない部分こそが、本当に大切な伝わるモノだと言えます。

自然栽培、無農薬栽培、有機栽培のそれぞれ

根っこの比較

自然栽培米とは、農薬と肥料を一切使用せずに
植物の力と自然のエネルギー(太陽、水、土)のみで
栽培されたお米です。

無農薬栽培米となると、
生産期間中に全く農薬を使用しない栽培方法を指しますが
残留農薬等に関しての明確な基準値は無いため
今は特別栽培と表示されることが多いです。

有機栽培であれば
指定農薬と有機肥料のみを使用可としているものになります。

いわゆる慣行栽培は、
農薬・肥料を使用した最も一般的な栽培方法です。
特別な表記がなく、◯◯産の表示などで陳列されているものになります。

自然に生きる⁉その状態とは

原生林

自然に任せたままの状態で150年ほど経つと
「極相」と言われる原生林や森林の状態で落ち着きます。
(生物が移り変わり終わった最終段階)

ただ、その内部では動植物たちによる変化が繰り返され
生態系としては安定した状態になっています。

変化することで逆に安定を保つ、という逆説的でありながらも
それが「自然界の摂理」とも言えます。

人に例えるなら、年齢を重ねても
その変化に適した考えや楽しみがあり
常に変化を楽しみ、かつ人生を味わうということが大切なのかも知れません。

自然のエネルギー-自然栽培の小さな生物

無農薬米にテントウムシ

てんとう虫やクモといった小さな生物が生息できているのは
その田んぼに農薬が含まれていないことの証明でもあります。

自然エネルギーには必要不可欠な生命であり
自然と調和し、バランスを保ち、環境と共に生きている。

自然栽培は自然の摂理に適った栽培方法であり、本来の土の力を十分に引き出した農法です。
自然栽培から収穫される食べ物は、純粋であり力強さを持っています。

どんな物を口に運ぶのか?私たちの身体は食べるもので出来ています。
食べることで、身体や心が豊かになれば、
日本全体が豊かになり、活気に溢れるときが戻って来るのではないでしょうか?

学びも、人間も、食べ物も、全てが自然であることが一番なのかも知れませんね!^^