一緒に炊いて免疫力アップ!知られざる雑穀の奥深い健康パワー

雑穀米炊き立て

雑穀米を召し上がったことがおありでしょうか。

白米に混ぜて一緒に炊き
プチプチとした食感や、噛むほどに増す甘み
堪能する人が増えてきている雑穀米。

もともと雑穀米は、日本において白米と並ぶ重要な主食でした。
最近の研究では、紀元前3000年前から栽培されていたことが分かってきており

白米よりも、雑穀米のほうが歴史が長く
私たちの日本人祖先の食生活を支えてきたのは
雑穀だったともいえるのです。

その後、雑穀米は、昭和期の米の増産とともに栽培が激減。
一時期は全く見かけることがなくなってしまいましたが
近年、その高く優れた栄養価が見直され、需要が増えつつあります。

雑穀米は、免疫力アップにも効果大!

黒米、赤米、緑米

そもそも雑穀米とは
「米と小麦以外に日本人が利用している穀物の総称」をいいます。

玄米やあわ、きび、ひえの他、ごまやそば、大豆も含まれ
数えきれない程の種類があります。

雑穀米で注目すべき点は
やはり何といっても豊富な栄養です。

白米よりもずっと栄養価が高く
ビタミンやミネラル
抗酸化性に優れたポリフェノールなどが豊富に含まれています。

中でもポリフェノールは、強い抗酸化作用に優れ
高血圧や動脈硬化を予防する血液サラサラ効果
そして免疫力アップなどにも効果があるといわれています。

雑穀米給水

実際に、雑穀を食べ続けていたら
風邪をひかなくなったという声もあるほどで
雑穀米は私たちの体を、ウイルスに負けない丈夫な体にするのです。

さらに注目なのは、雑穀の一つ、黒豆。
黒大豆には、解毒作用などの優れた薬効があるとされています。
これは、通常の大豆にはない効果。

昔の人は、これら雑穀米の効能を知り
生活に役立てていたんですね。

手軽に炊いて、丈夫な体作りに役立てたい雑穀米

雑穀米おにぎり

健康的な食生活といっても
毎日それを実現するのはなかなか難しいものです。

特に仕事で忙しい方や、独り暮らしの学生さんなどは
栄養バランスを気に掛ける余裕がないことも多いのではないでしょうか。

そんな時は、お米と一緒に炊くだけの雑穀米がおススメです。
下ごしらえは、何もありません。
白米に適量を混ぜて、炊飯器のスイッチを押すだけです。

冨田自然栽培雑穀米スプーンに

ポイントは、充分に給水させること。
前の晩に予約炊飯をしておけば、朝にはふっくら炊き上がります。

おにぎりにして、昼食として持って行くものいいですね。
余った雑穀米は、冷凍庫で保存もできます。

自然のサプリメントといわれるほど
私たちの体を健康に保つ効果が期待できる雑穀米。

フレッシュマン

上手に食生活に取り入れ、元気な毎日を過ごしたいですね。