なぜ、自然栽培米ならアレルギーの人でも安心安全なのか?

お米

日本では、戦前までアレルギーを患う方はほとんどいませんでした。
それが高度経済成長を経た現在では、日本人の約4割が、何らかのアレルギーを患っていると言われています。
食物アレルギーを患っていらっしゃる方の数は30万人以上はいる、とされています。

生活の利便性と化学物質

産業の改革によって、生活様式も便利で豊かになっていった一方
化学物質によって引き起こされる健康被害も増してきているのが現状です。

品種改良によってつくられ組み合わされた成分が体に合わず
アレルギーを引き起こしている要因ともなっています。

食物アレルギーには卵、牛乳、大豆が3大アレルギー物質で、
これに麦、コメを入れて5大アレルゲンとされています。

農薬の過剰散布によって作物に農薬が残留する可能性は非常に高くなります。
一説では、米アレルギーは農薬や化学物質等が起因していると言われており、
普通のお米だとアトピーが出てしまうけど、無農薬のお米に切り換えたら出なくなったという例は
よくあるそうです。

もうひとつ弊害があるとされるのは
田んぼに生息する生物たちも駆除してしまい、自然の生態系を破壊してしまうことです。
稲につく害虫などを食べてくれる生物たちまでも駆除してしまうので
さらにまた農薬に頼るという、良くない循環に陥ってしまいます。

昔の田んぼはトンボやカエル、ホタル、タニシなどといった生物の楽園と言えるところがありましたが
最近の田んぼは生物の気配さえ感じないようになってしまっています。

アレルギーとは過剰な免疫反応

田園風景

アレルギー反応とは体内に取り込まれた物質に対しての過剰な免疫反応の現れです。

症状にも鼻水、発疹、痒みなどがあり、激しいものでは呼吸困難へ発展する
アナフェラキシーショックなど人によって様々で違います。

農薬がもたらす私たちの体と自然への影響は思った以上に大きいです。
農薬や化学肥料は中長期的に摂取し続けた場合、諸外国では発達障害に関連するという指摘が出ています。

また残留農薬の米や野菜を食べ続けることで体内に蓄積される物質によって
予期せぬ深刻な疾患につながる可能性も否定できません。

 

自然栽培米ならアレルギーの方でも安心

ご飯好きな子供

そこで、無農薬・無肥料の野菜や果物、また自然からかけ離れた加工食品や添加物を
できるだけ避ける生活を続けた結果、全ての食物アレルギーをはじめとする
体の不調がなくなり健康に過ごせるようになった、という事例も報告があります。

自然栽培米は、無農薬・無肥料で育てられたお米ですので
アレルギーの方でも安心してお召し上がりいただくことができます。

全て自然栽培歴5年以上になる田んぼを使っていますので、残留農薬の心配もございません。
まだ小さなお子様から、ご年配の方まで安心してお召し上がりいただけます。

食事の楽しさを広げ、自分自身の免疫力を高く、
みんなで楽しい時間を過ごしたいですね。