なぜ自然栽培で育った作物は免疫力アップが期待できるのか?

新型コロナウイルスの流行により
体調管理には一層気を付けて過ごしているという人々が大多数である今日
感染者数は増加の一途を辿っています。

コロナウイルス感染しないために、マスクの着用はもとより
普段口にするものにも気を使っているという人も多いでしょう。

それは、食べ物もそうです。
食べ物にウイルスが付着しないよう衛生面に気をつけることも重要ですが
何よりも見直すべきは、食生活の方かもしれません。

なぜかといいますと、私たちの体をウイルスから守ってくれるのは
腸内にある免疫細胞だからです。

この免疫細胞を活性化させるためには
健康的な食生活が必要です。

免疫力が低下している現代人

風邪をひく男性

ある調査では
現代の約7割が「現代型免疫低下」の疑いがあるとされています。

日々の忙しい生活の中で、十分な睡眠がとれなかったり
栄養バランスの良い食生活を送られなかったり
さらには運動する時間もなく

リフレッシュする機会に恵まれず
ストレスが溜まりやすい、ということも起因しているようです。

ネット環境が充実したことで座り作業が多くなったという
労働環境の変化も起因の一つでしょう。

ストレスとサラリーマン

長時間同じ姿勢でいることは、血液やリンパの流れを悪化させ
免疫細胞の機能を低下させることにもつながります。

現代社会には、免疫を低下させる要因が多く潜んでいます。

日頃から免疫力アップを意識し
自分の生活の中に免疫力をアップさせる方法を身に付け習慣化することが重要です。

免疫力をアップさせるには腸内環境が重要だった

便秘

私たちの体は常に
数えきれないほどのウイルスや病原菌にさらされています。

これらのウイルスや病原菌は
私たちの口や鼻から侵入し、対内で何億個と増殖。
様々な不調をきたします。

ウイルス

そこで活躍するのが、腸内にある免疫細胞です。
免疫細胞は、これらウイルスや病原菌を撃退します。

そして、この免疫細胞を活性化させるのが
善玉菌です。よくきくものに、乳酸菌などが挙げられます。

腸内

つまり、ウイルスに負けない強い体を作るには
善玉菌を増やし、免疫細胞を活性化させることが重要なのです。

腸内環境を整える自然栽培の食べ物

冨田自然栽培米のご飯

免疫力を向上させるためには
まず、善玉菌を増やすことが重要です。

善玉菌の栄養は、オリゴ糖と含む炭水化物です。

しかし、同じ炭水化物でも
添加物など、化学物質が含まれていると
逆に腸内の環境を乱してしまう可能性が高いと考えられています。

化学物質の一つには、農薬も挙げられます。

農薬

日本において農薬は戦前までは使用されていませんでした。
それまではアレルギーの人もいなかったとされています。

戦後、米の大量生産のために使われた農薬は
食糧難に陥っていた日本を救いました。
それから人口も増え、日本には豊かになったのです。

高度経済成長を支えた陰の立役者ともいえる存在ですが
それから爆発的に使用頻度の増えた化学物質の使用により
アレルギーの人が増えたともいわれているのです。

工場

農薬が多く使われた作物を口にすることは
決して健康に良いとはいえません。

そこで、自然栽培の作物が推奨されるのです。

桑原米米粒

自然栽培は、無農薬です。
さらには有機肥料も不使用。

作物を育てるのには、薬剤や肥料を一切含まない土
そして、水と太陽の光だけです。

地球と自然

私たちの体にとって、非常に安心安全の食べ物なのです。

そして、腸内環境を乱すこともなく
善玉菌を増やし、免疫細胞を活性化させます。

自然環境に良い自然栽培の作物は
同じく自然界に生きる私たちにとっても無害で
健康を維持するためには重要な食べ物だといえます。