捨てると損!実は隠れた優秀食材だった大根のアレ

大根と葉

バランスの取れた食生活に欠かせない素材である野菜。

多種多様でカラフルな野菜は
私たちの食卓に彩りも添えてくれます。

そんな個性あふれる野菜たちですが
調理する際に、切り落として棄てる部分が多くあります

根菜類の皮。ブロッコリーの茎。
トマトのヘタやピーマンの種。

でも、棄てる部分にこそ
栄養がたっぷり含まれている野菜があります。

それが、大根です。

内臓の働きを整えてくれる大根

大根の煮物

生で食べるとシャキシャキとした歯ごたえ
加熱すると甘みが増し、柔らかくしっとりとした食感の大根。
冬には欠かせない野菜です。

大根には、ビタミンなどの栄養素のほか
ジアスターゼやアミラーゼといった酵素も含まれています。
酵素は、消化機能を助けるとともに、腸の働きを整えてくれる効果があります。

ジアスターゼには、焼き魚の焦げた部分に出来る発ガン物質を抑えるほか
高い解毒作用もあるので、付け合せの大根おろしは
まさに理にかなった食べ方なのです。

大根おろし

また、大根の辛み成分を作っているアリル化合物にも
胃液の分泌を高めて消化を促進する働きがあります。

大根は、内臓にとって、とても心強い野菜なのです。

大根の葉は捨てると後悔するほど栄養満点!

大根

大根は、白い根の部分だけ食べる人が多いと思います。

しかし、根の上に生えている葉の部分にこそ
実は栄養が豊富に含まれています。

大根の葉は『緑黄色野菜』に分類されるほど
その高い栄養価が認められています。

βカロテン・ビタミンC・ビタミンK、葉酸といったビタミン
カルシウム、カリウムなどのミネラルを豊富に含んでいます。

これらの栄養素は、整腸作用や便秘解消、冷え症に効果的です。
さらに、余分なものを排出するデトックス作用もあるので
美肌作りなど美容にも効果があります。

ほうれんそう

カルシウムの量は小松菜に匹敵するほどで
「ほうれん草」と比較すると

ビタミンCは約5,5倍
鉄分は約1,5倍
カルシウムは約5.3倍も含んでいます。

スーパーで売られているものは、持ち運びにかさばらず
また調理しやすいように予め葉を切り落としていることが多いですが
葉つきのものをみかけたら、迷わず買いましょう!

大根の葉を生かしたレシピ

大根の葉の炒め物

大根の葉は、ふりかけや味噌汁、漬物、炒め物など
幅広いメニューに活躍します。

生のままだと広がってかさばる葉でも
加熱すると、あっという間にかさが減るので
脇役の一品にぴったりですね。

無農薬・無肥料の大根を作っている冨田さん

冨田さんと自然栽培大根

熊本県菊池市で、20年以上に亘り安心安全の食を追求
無農薬・無肥料の自然栽培で大根を作っている冨田親由さん

多くの方が「野菜作りに肥料は欠かせない」とお思いでしょう。
しかし、無農薬・無肥料でもここまで育つのです。

冨田自然栽培大根

冨田さんの大根作りのポイントは「土」にあります

自然栽培において、土作りは最も重要な作業です。
農薬や肥料が残っていない純粋な土を何年もかけて作ります

無農薬・無肥料の土の中でじっくりと育った大根は
しっかりと張りのある根に仕上がります