親から子へ受け継がれる「冨田自然栽培米」

冨田和孝

熊本県菊池市七城町で育まれている【冨田自然栽培米】
この地域は江戸時代からおいしいお米ができると名が知られ
それは現在でも「お米の食味ランキング」で【特A】を獲得していることが示しています。

この土地で無農薬・無肥料で自然栽培米を育て続けている富田和孝さん。
その経験年数も10年を超えてきました。

冨田和孝さんは農産物において無農薬・無肥料の自然栽培を行っているだけでなく
自らの生活においても薬などの自然界に存在しないものの摂取を避け、自然な生活を体現されています。
¨食べた人が健康になる¨お米をお届けすることにこだわって生産されています。

生命力で溢れている富田自然栽培米の田んぼ

自然栽培米の生物

歴史的に良質なお米ができると有名であった熊本県菊池市七城町。
この地域で自然栽培農法を世に広めようと活躍される第一人者が「富田親由」さん。

初代・冨田親由さんから長男・富田和孝さんへ、
そのバトンが渡される今日まで40余年

最初は、水田に生息する生物の生命を守ろう、という思いから始まりました。
田んぼに住んでいる生物たちの生命を尊重することは、
生態系を育むことに繋がり、それは生命力が溢れることに繋がる。

その生命力で溢れた田んぼで育まれた稲にはエネルギーがみなぎり
私たちの生命を養ってくれる「お米」になると考えています。

「生命力に満ちているお米」に、農薬や除草剤は必要としないのです。

冨田自然栽培米のこだわり【3つの約束】

冨田自然栽培米の収獲

冨田さん父子を中心に、ご家族で40余年に渡り七城町で無農薬・無肥料で自然栽培を続けてこられ
安全・安心のお米を届けることにこだわってきた冨田農園には
守り続けている【3つの約束】があります。

1.除草剤や殺虫剤等の農薬を一切不使用
2.化学・有機肥料、資材を一切不使用
3.自家採種の種籾を使用

冨田農園で栽培されている「冨田自然栽培米ヒノヒカリ」は、
20年を超える自家採種歴で、すでに独自のヒノヒカリへと進化しています。

父・親由さんから受け継いだ自然栽培を続ける理由は
1.豊かな自然環境を取り戻すため
2.食べる人の健康のため
この理念を「形=お米」にしてお届けしています。

なぜ自家採種にこだわるのか?その理由とは

種籾

すべての始まりは「ひとつの種籾」

子孫繁栄といったことは、人間界も自然界も一緒で
その数珠つなぎのような始まりは、たったひとつの「種籾」から始まります。

そうであるならば、「種籾」が農薬や肥料の影響を受けていないということ
どれほど重要であるか?ということです。

無農薬・無肥料であり続け、かつ太陽・水・土という自然の力のみで育ち
厳しい環境下でも生き抜いてきた成長過程が、遺伝子情報として受け継がれていくことになるのです。

冨田自然栽培米は、20年以上の自家採種を繰り返し続けられています。
安心・安全はもちろんのこと、その逞しい生命力の遺伝子情報が組み込まれています。