成人式と自然栽培-次世代に伝える安心安全な食べ物

新年が始まり2週間が経とうとしています。
年明け早々ではありますが、1月には様々な行事があります。

お正月に始まり、七草粥を食べて鏡開きをして、、
そしてこの頃になると、人によっては晴れの日、成人式を迎えます。

大人として一人前になると同時に、次世代の人達に何が残せる、何を伝える、という
少しだけかしこまったことを(笑)、この機に考えてみるのもいいかも知れません。

自分が成人した時、子供が成人する時

自分が成人した時、、、そこまで考えていなかった気がします(笑)
それなのに、こんなことを言うのはおこがましいかもしれませんが
だからこそ、考えてみたいものでもあります。

今や、口に運ぶ食べ物は、そのほとんどが添加物を使用され
スーパーに並べられている野菜には農薬が使われています。
それほどに添加物や農薬を使う行為は当たり前とされています。

日本の食品添加物の認可種類は世界1位とも2位とも言われています。
経済のためだけでなく、それを食する人達にとって本当に良いものを届けていくことこそが
私達に課せられた大切な使命だと感じます。

子育てをする側になった時

冨田さんが自然栽培に取り組む想いのひとつに

「子供たちに安心安全の食べ物を食べて欲しい!」

ということがあります。
次世代の担い手となる、希望ある未来の宝物である子どもたちのために
今日も丹精込めて作物を育てています。

心から安心安全な気持ちで口に運ぶことのできる食べ物、手間暇と愛情をかけて育てられた本物を提供すること。
これからも、みなさんと子どもたちの健康を願い安心安全をお届けしていきます。

人生も食べ物も安心安全で!

私達としては冨田さんのように本物をつくる方と、本物を求める皆さんをつなぐ「鎹(かすがい)」となれるよう
そこに確かに存在する物語、想い、努力も一緒にお手元に届けていきたいと考えております。

そして、誰もが安心安全に食べ続けられる食と、生産者の方がこの先もずっと自然栽培を続けられる環境を守り
未来の子供たちへと繋ぎ残していきたいと思っています。

「成人式なんて、とうのむかし過ぎて忘れちゃった!」という方も
全国で行われている成人式の様子などをご覧になりながら(笑)
当時の自分やお子さんの食生活などを振り返ってみるのもいいかも知れません。

もし、成人を迎えた方、成人式に参列した方がこれを読まれていたのなら
ご自身のお子さんがその日を迎えた時は、笑顔で出発する成人式にしましょうね!